たったこれだけで、温度が下がる!

今お仕事道具として、MacBookPro(2020Intel)を使用していますが、

Windowsも使用したいので、散々考えた末に、

「やっぱり外付け(Thunderbolt3)のNVMe  かなぁ?と思って、

下記のものを購入

 

TARE NARU MAMA NITARE NARU MAMA NI

 

 

 

 

 

 

 

 

「通常のBootCampは爆速」なのですが。

ですが、それだとコピーやらいろいろ面くさいので、今回

「仮想化」

にして、今まで「type-c」で外付けで付けていたのですが、

めちゃくちゃ体感速度も速くキビキビになりました!

しかし、

思惑通り、「発熱」が気になって気になって(汗)

で、やっぱり、ファン付きの方がよかったかなぁ?と
思っていたのですが、どなたかのBlog見て、

「純銅のノート用ヒートシンク」

も効果ありますよ!

TARE NARU MAMA NI

 

 

 

 

 

 

 

と書かれていたので、Amazonで1個買って見て、再度
ばらして、付けてみたら、

あれ?

前より「熱くない!すげー!!」

って感動しました。

1点失敗したのは、

「シリコンのヒートシンク?」

をもしかして、NVMeの両面にはればさらに冷えるんじゃ?
と思って、NVMeの表面まで、「シリコンだから大丈夫

とダブルで貼ったら、

外付けの筐体の「ランプ」は光っていて通電はするのだけど、

「Mac本体のデスクトップ画面に表示されなかった」

ので、「マウント系」かなぁ?
とやって見ても、変わらず・・・・・。

ここで、ホントにドはまりしました。(汗)

もう一回、バラすかぁとバラしてみて、よくよく説明書

「前面に貼らないでください」

の1文が(><)

え〜まさかそんな事で??????と思って、

シリコンの前面のやつを取って見て、再度起動させたら、

「全然ふつーに認識する件」

もう、たったこれだけに、悩んだ時間2時間くらい。。。。。

やっぱり、テキトーにやると結局全体的に見て、
時間のロスが大きくなるので、

「ざっと、説明書」

は軽くはみておきましょうという訓示(^^;

導入する前は、筐体を触ると、あちあち!となって
いましたが、

今は、「熱いけどまぁ許容範囲」

って感じです。

なので、もう一個

「純銅のノートPCのヒートシンク」

実績有りだったので、注文しました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA